ALA(5-アミノレブリン酸リン酸塩)はHbA1cも下げる?

今とても注目されているのが、ALA「5−アミノレブリン酸リン酸塩」です。

今まであまり聞いたことがない方や、どのような成分なのかよくわからない方のためにも、まずはALAについてわかりやすくご紹介します。

5ーアミノレブリン酸リン酸塩とは、体内の代謝に必要不可欠な物質となっており、主に糖質の蓄積予防に高い効果を発揮することが判明しています。

私たちは日頃からお米やお菓子など様々な食品から糖分を摂取しています。

世界的に見ても日本は糖分を多く摂取している国として有名で、日本人がこよなく愛する和食もお砂糖が多く使われている料理です。

日ごろから摂取している糖は体内でブドウ糖となり血液に送られます。
ブドウ糖は生命維持活動を行う上でのエネルギー源となりますが、過剰摂取を行うことで処理しきれなくなり血液中に残留してしまいます。

すると残留したブドウ糖とヘモグロビンが結合することにより、HbA1cと呼ばれている数値が高くなります。

この数値が長期間にわたり高い状態が継続すると糖尿病へと繋がり大変危険なのです。

このような状態に対して5−アミノレブリン酸リン酸塩は高い効果を発揮することが判明しており、血液中に残留しがちなブドウ糖をエネルギーとして燃焼する効果が期待できます。

つまり、ALA「5−アミオレブリン酸リン酸塩」は、HbA1cの数値を下げる効果としても期待されている成分だということがわかります。

では、ALAはどのように日頃から体内へ取りこめば良いのでしょうか。

食品からも摂取することは可能ですが、効率よく摂取するために私がお勧めしたいのが、アラプラス糖ダウンというサプリメントです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
このサプリメントを日常的に摂取することにより、不足しがちなALAを体内に取り込むことができるため、数値が高いとお悩みの方はぜひ試してみて下さい。
公式サイト↓