高GI食品とは?食べると糖尿病になりやすいの?

近年、GI値という言葉が注目を集めていますが、あなたは何のことを指しているのかご存知でしょうか。

GIは、グリセミック インデックスの略で、主に食後の血糖値が上がるスピードについて数値で表したものです。

高GI食品と言われるものは、急激に血糖値を上げてしまい高血糖につながる恐れがあるため、極力頻繁に摂取することを避ける必要性があります。

では、具体的に高GI食品と言われるものは何があるのでしょうか。

まずGI値が最も高いものから見てみましょう。

グラニュー糖

白砂糖
水飴
食パン
じゃがいも
チョコレート
菓子パン

見ていただくと一目でわかるように、甘い砂糖やお菓子。
そして小麦粉類やデンプンが良くないことがわかります。

また、日本人が毎日のように食している白米やうどんなどの麺類も高GI食品として注意が必要となります。

しかし、これらの食品が高GI食品だからと言って全く食べないというわけにもいかないですよね。

そこで私がオススメしているのが、郷ひろみさんがCMを行っている「アラプラス糖ダウン」です。

アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
アラプラス糖ダウンは、空腹時の高血糖だけではなく、隠れ高血糖と言われている食後の血糖値が高い方にも人気が高い機能性表示食品です。

この商品に含まれる5ーアミノレブリン3リン酸塩どの成分が食後血糖値の上昇をゆるやかにする機能が実証されていますので、高GI食品を止められない方や、頻繁に摂取してしまう方には特にオススメです。

公式サイト↓