ヘモグロビンA1cとは何?血糖値と違うの?

健康診断など、血液検査の結果に、HbA1cという項目があります。

これは、ヘモグロビンA1cの略で、血糖状態を知るうえで必要な数値の1つです。

さて、血糖値とヘモグロビンA1cは違いますし、血糖値よりもヘモグロビンA1cの方が、正しい血糖状態を知ることができます。

それは、血糖値は、その検査を受けた時での血糖状態です。

食事前と食事後では数値も変わりますし、検査前に何かしらストレスなどを感じたことでも血糖値に変化が出ることも十分にあります。

しかし、ヘモグロビンA1cの値は、過去1ヶ月〜2ヶ月の血糖状態を表すので、血糖値よりも正確というわけです。

ですから、血液検査を受けて、その結果、血糖値が前回と比較して下がっていても、ヘモグロビンA1cの値は上がっているという場合、それまでの過去1〜2ヶ月の間、血糖状態は良くなかったということになります。

反対に、血糖値は上がっているけれど、ヘモグロビンA1cの値は前回より下がっているという結果が出た場合、それまでの過去1〜2ヶ月の間の血糖状態が比較的よかったと考えられるわけです。

血糖値は、少しのことで変化するので、ヘモグロビンA1cの数値で前回よりも下がると、それはとても良い兆候と言えると思います。

しかし、血糖状態を改善することは、とても難しいのが実情でしょう。

運動や食事の改善は基本となり、必要に応じて薬を服用しての治療や血糖値のコントロールをしていくことになるのが主となります。

今後、健康診断や血液検査を受けた時は、血糖値だけでなく、ヘモグロビンA1cの値も参考にしてください。

色々注意しても気になる人は、糖対策や生活習慣病対策で人気の白井田七をどうぞ。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ効果!