よく病院や歯科医院でも問診でも、既往歴や家族歴で糖尿病にかかったことのある家族がいるかどうかなどを書きますよね。

家族に糖尿病がいたら自分も糖尿病になりやすいのでしょうか。

今回は、糖尿病と遺伝の関係について見ていきましょう。

「糖尿病は遺伝するのか?」

早速、答えから言ってしまうと、これは半分正解ですが半分間違いです。

厚生労働省の健康日本21の報告によると、糖尿病が遺伝するというよりも、糖尿病になりやすい体質が遺伝するのが正解のようです。

つまり、糖尿病にかかったことのある家族、親族がいると、糖尿病になりやすくはなるけれど、必ずしも発症するというわけではなく、肥満、運動不足、加齢などの他の要因もくわわって初めて発症するのです。

だから、生活習慣を改めて、糖尿病を発症にしにくいように生活することが大切なんですよ。

また、日本人は2型糖尿病になりやすい体質をもともと持っているということも指摘されています。

だから、欧米人でもよくすごく太って見えるのに糖尿病ではない人がいるにもかかわらず、少し体格が良い程度なのに糖尿病にかかっている日本人がいたりするわけです。

このように、糖尿病のなりやすさは、遺伝だけではなく、環境や民族的な体質にもよる部分が大きいということを覚えておくと良いでしょう。

体型だけで糖尿病ではないだろうと過信することなく、定期的に人間ドックなどを受診して、自分の健康管理をすることが大切です。

◆実は、私も両親が糖尿病なので、医師から90%以上の確率で糖尿病になりやすいと言われています。

なので糖尿病予防サプリとして口コミで人気の「アラプラス糖ダウン」を飲んでいます。

世界初のアミノ酸ALAという5-アミノレブリン酸リン酸塩が配合されているので、糖分を体内でエネルギーに変換してくれます。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
空腹時や食後の高血糖を改善できるので隠れ高血糖を予防できるんです。

糖尿病体質だと思ったら、アラプラス糖ダウンを試してみてください。
公式サイト↓