菊芋が血糖値を下げる効果は、真実?

菊芋をご存じですか?

庭に植えてあったという方もいるかもしれませんね。

私知人も昔、庭に植えてあり、とれた菊芋を健康に良いことから、調理して食べていたそうです。

この菊芋、原産地はアメリカで、江戸時代に日本に伝わったと言われています。

第二次世界大戦中は、加工用や食用として栽培されていたものが野生化したと言われています。

菊芋は、菊に似た黄色でキレイな花をつけることから、菊芋という名前がついたそうです。

今現在も食用として使われています。

この菊芋、知人の昔食べた時の話によると、あまり美味しくはないそうです。

しかし、とても健康に良いそうで、いま日本で話題になっています。

日本は今とても健康ブームで、毎日のようにテレビや情報誌に健康に良いことが取り上げられていますよね。

○○は△△に効果的!

××は☆☆に良い!

等、多くの人が抱えている健康の悩みなどに効果があるものが紹介されている日々です。

紅菊芋は、この健康ブームの流れから新たに注目を集めています。

紅菊芋を乾燥させて開発させた紅菊姫パウダーは、天然のインスリン効果があることで、注目されています。

糖尿病の方は、インスリンを使って血糖値を下げていますが、紅菊姫パウダーにも同様の天然の効果が期待できると言われています。

紅菊姫には、ポリフェノールやサポニン、ペクチンやセレン、亜鉛やビタミンB群、イヌリンなど7種類の栄養素が含まれています。

中でも、イヌリンが天然のインスリン効果が高いと言われているのです。

イヌリンは、血糖値の上昇を抑えることが得意とされている成分で、菊芋などキク科の植物に豊富に含まれています。

紅菊芋パウダーの紅菊姫を毎日コーヒーや紅茶など普段飲まれているものに入れて飲むだけで、血糖値を下げてくれるので手軽に摂れますね。

紅菊芋を毎日摂ることは難しいかもしれませんが、この紅菊芋を年間通していつでも飲めるように、茨城県大子町の奥久慈農園が、独自の手法によって粉末状にしたのが「紅菊姫」です。

粉末状に加工し、長く保存できるようにしたものなので、年間通して、いつでも摂取することが可能になりましたね。

紅菊姫を毎日摂取することで、血糖値を下げるという効果が、茨城大学農学部の研究結果として日本農学界で発表されており、安心安全なこともわかります。

糖尿病は、合併症が怖い病気です。

糖尿病の診断がおりている方は、医師の指示による治療が必要になりますので、この紅菊姫を取り入れる際は、医師に相談してからが安心かなと個人的には思います。

糖尿病ではないけれど、血糖値が高めで心配という方にもオススメしたいと思います。
紅菊芋パウダーの口コミ!糖尿病改善効果は本当?

血糖値が気になるかた、ぜひ紅菊姫パウダーで、糖尿病の予防や高血糖のサポートにお試しになってみてください。
公式サイト↓


u