ルックルックイヌリンプラスとアラプラス糖ダウンの違い比較!どっちを選ぶと良い?

ルックルックイヌリンプラスもアプラス糖ダウンもどちらも血糖値にお悩みの方の為のサポートサプリメントです。

血糖値が高くて悩んでいる方は色々試している方が多いと思います。

この2つのサプリメントを比較してどちらを選ぶと良いのかご紹介します。

では、まずルックルックイヌリンプラスからご紹介していきます。

こちらは低糖サプリ業界トップクラスのイヌリン含有量が1日の目安である6粒のなかに1350mg配合されています。

イヌリンとは菊芋に含まれている成分で、水溶性食物繊維の事です。

摂りすぎた余分なものをお掃除してくれます。

また、イヌリンは体内でオリゴ糖に変化するので善玉菌のえさになります。

さらに、玉ねぎ、ビフィズス菌、サラシア、桑葉、納豆も配合されているので1袋でなんと食物繊維が46000mg摂れます。
ルックルックイヌリンプラスの口コミ評価レビュー!他の糖対策サプリとの違いは何?

では、次にアラプラス糖ダウンをご紹介します。

こちらは機能性関与成分であるアミノ酸ALAが糖にアプローチして糖を燃焼してエネルギーに変える活動をサポートします。

糖ダウンを摂取して食後の血糖値の上昇を穏やかにする臨床試験を行ったところ、大きな改善がみられました。

摂取して3ヵ月で実証されています。

また、新発想である空腹時と食後の血糖値をWで対策します。

一般的な糖対策は糖を吸収させないため、体に糖を溜めないようにするのですが、アラプラス糖ダウンは吸収した糖をエネルギーに変えるのです。

これは健康的に糖代謝をサポートするのです。

食生活ではなかなか摂るのが難しいALAを1カプセルに15mgも配合しているのです。

これはトマト約150kg以上、ほうれん草約93kg以上に換算されます。

1日に1カプセル目安で飲むタイミングも好きな時で大丈夫なのです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由

この2つのサプリメントを比べてみるとどちらも血糖値をサポートするサプリメントと分かりますが、ルックルックイヌリンプラスの方がお安くお求め頂けます。

ですが、1日に飲む量はアラプラス糖ダウンの方が少なくて済みます。

アラプラス糖ダウンは科学的根拠に基づいた健康効果の機能性表示食品として消費者庁に受理されているので効果として期待がかなり持てます。

加齢や年齢共に減少してしまうALAを摂取できるのでおすすめです。

機能性表示食品の売り上げランキングも第1位を獲得していますし、信頼性があります。

ルックルックイヌリンプラスもアラプラス糖ダウンもどちらもお試ししてみるのが良いかと思います。

ですが、重度の血糖値であればアラプラス糖ダウンを3ヶ月は続けてみると良いかと思います。

⇩⇩ルックルックイヌリンプラスのお得なキャンペーン中の公式サイトはこちら
11091
ルックルックイヌリンプラス

アラプラス公式サイト↓

u