妊娠糖尿病は、そのまま本物の糖尿病になりやすい?予防や対策は?

妊娠糖尿病は普通の糖尿病と違い、妊娠している状態で発生する軽度の血糖値異常の状態を指します。

そのため、妊娠している際に妊娠糖尿病といわれても危険なものとはとらえる必要がなく、基本的に治癒していくものです。

しかし、妊娠糖尿病がそのまま本物の糖尿病になってしまう可能性があるのです。

妊娠時でも明らかな糖尿病の場合、妊娠糖尿病ではなく糖尿病という名前に変えて先生に言われてしまいます。

そんな、妊娠糖尿病がそのまま本物の糖尿病になってしまう原因と、その予防・対策法をご紹介していきます。

—妊娠糖尿病の原因とそれが本当の糖尿病に変わる原因—

妊娠糖尿病とは、妊娠している際母体が赤ちゃんに栄養を与えるため自らの体内にブドウ糖が吸収されないようにする働きによって起こります。

通常、体内に入ってきた糖はインスリンによって分解され、そのまま体に吸収されるようになっていますが、妊娠している際はこのインスリンの分泌量が低下し、糖が赤ちゃんに流れるようになっています。

その結果、この状態で糖分を多く摂取すると母体の血糖値異常が起こってしまうのです。

また、この状態が改善されずインスリンの分泌量が正常に戻らないために、妊娠期が終わって以降も通常の糖尿病になってしまう危険性があります。

—妊娠糖尿病が本当の糖尿病に変わらないようにするにはー

妊娠糖尿病が普通の糖尿病に変わるはっきりしたメカニズムは解明されていませんが、通常の人に比べ妊娠後の体はホルモンバランスの乱れなど様々な状態変化によって糖尿病になりやすくなっています。

また、そのほかの原因の一つに食生活の変化があります。

妊娠中は赤ちゃんに栄養を与えるためと食事を積極的に摂るようになりますが、その食生活が出産後も続いてしまうと、そのまま糖尿病になってしまうリスクが上がってしまいます。

そのため、食生活にはしっかりと気を付けることが簡単にできる対策の一つです。

また、出産後も定期的に病院で母体検診を受けることも重要になってきます。

—まとめー

妊娠糖尿病は本来、軽度な症状の血糖値異常ですがそのまま本当の糖尿病になってしまっては大変なことです。

少しでも、妊娠前と生活が変わったと思ったら、出産後はしっかりとその生活を立て直すようにしましょう。

特に、食生活をきっちりと整えることが、個人でできる一番の予防法でもあり、定期的に検診に行くことも忘れないようにしましょう。

◆それでも家系的にも糖尿病になりやすいかもと心配なときは、妊娠中や授乳中でも安心して飲めて糖尿病予防にも良いグラシトールを飲むといいです。

グラシトールは、天然のインスリンとも言われているピニトールを主成分とした糖尿病予防サプリで口コミ評価も高いからです。
グラシトールの口コミ!糖尿病改善効果とその理由
グラシトールの成分はピニトールなので妊活中で血糖値が高くなりがちな人にもぴったりです。

公式サイト↓
グラシトール

u