糖尿病レシピの献立例と糖尿病予防の注意

糖尿病と診断されてしまうと、様々な制限がつきものです。

特に辛いのが、今まで食べていたものが食べれなくなるという食事制限ですが、これをしっかりと守らないと命に関わってくるため、多くの方が好きなものを我慢しないといけない苦痛な日々を過ごしています。

そこで、糖尿病の方でも美味しく食べれるレシピと、糖尿病予防につながる注意点についてご紹介していきます。

まず、糖尿病の方でも美味しく食べられるレシピを、日本最大級レシピサイト「クックパッド」から探してみましたのでご紹介したいと思います。

「糖質制限 大根餃子」

私は初めてこのレシピを見た時にものすごい発想力だと思いました。
この料理の1番のポイントは、餃子の皮の代わりに大根を使用しているという点です。
ではレシピの詳細をご紹介していきます。

材料

大根 1/3本
塩水 分量外
キャベツ 1/3
豚ひき肉 200グラム
生姜、ニンニク 小さじ1
月桂冠糖質ゼロ 小さじ1
ごま油 適量

1 大根は皮をむいて1から2ミリ位のスライスにする。
次に塩水に10分ぐらいつけておく。

2 刻んだキャベツと豚ひき肉、塩胡椒、生姜、ニンニクを粘りが出るまで混ぜる。

3 柔らかくなった大根を塩抜きして餃子の皮のように種を包み込む

4 油を入れて並べてから火にかける。
弱火から中火で焼く。

5 仕上げにごま油を入れて焼き付ける。
押さえつけるとしっかりと焼き目がつきます。

以上が大根餃子のレシピです。

このレシピにお勧めの献立は、副菜にきんぴらごぼうやほうれん草のおひたし等になりますので、ぜひ参考にしてみてください。

続いて糖尿病予防の注意点についてお話ししていきます。

糖尿病を予防するためには、日ごろから血糖値を急上昇させないことが大切です。

空腹時の高血糖はもちろんですが、最近では食後血糖値がなかなか下がらない隠れ高血糖が増えており、健康診断でもなかなか発見することができないため懸念されています。

この隠れ高血糖に対しても効果が高いと言われているのが、郷ひろみさんがCMしているアラプラス糖ダウンです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
アラプラス糖は、糖をエネルギーに変換することができる機能性表示食品となっていますので、血糖値が気になる方は日々の生活に取り入れてみてくださいね。
公式サイト↓