糖尿病の初期症状とは?糖尿病予備軍にならないためのコツ

糖尿病は一度発症してしまうと完治が難しい病気で知られています。

また、糖尿病は様々な合併症を引き起こす可能性があり、とても恐ろしい病気の一つとも考えられています。

糖尿病とは、糖を分解するためのインスリンの分泌量が減り、結果的に血中糖度(血糖値)が上昇してしまう病気です。

その糖尿病には、初期状態として糖尿病予備軍があります。

糖尿病予備軍になってしまい、対策を取らずにいると糖尿病を発症してしまう可能性が高くなります。

そこで、今回は糖尿病の初期症状と糖尿病予備軍にならないためのコツについてご紹介していきます。

—糖尿病の初期症状とは—

糖尿病をはっきりと発症する前に初期症状、つまり前兆のようなものがあります。

その一つが、異常なのどの渇きと頻尿です。

糖を分解するためのインスリンの分泌量が減り、血糖値が上昇することで脳が、脱水状態にあると判断をしてしまい、血糖値を下げようと水分を多く摂取するように指示をしてしまいます。

そのため、異常なのどの渇きに襲われその結果排尿回数が増加してしまうのです。

この時点で超初期状態のため、気づきにくいかもしれませんが今までに比べて明らかにのどの渇きがひどいと感じたら疑ってみましょう。

二つ目は、食後に空腹感が襲ってくる症状です。

食事をしたのに、空腹感を感じてしまうのは糖尿病初期症状として見られる症状です。

体内に取り込まれるはずのブドウ糖が体内に吸収されにくくなるため、カロリーが不足して、その結果空腹感が続いてしまうのです。

—糖尿病予備軍にならないコツ—

糖尿病予備軍とは糖尿病になる一歩手前の状態で、極めて糖尿病状態に近い人を指します。

日本でも食のグローバル化が進み、糖尿病予備軍が増えています。

そんな、糖尿病予備軍にならないためには食生活の改善が必要です。

基本的に、薄味を好むようにし、腹8分目を意識した食生活を続けるようにしましょう。

糖尿病のリスクは、甘いものを食べた場合だけでなく多く食事を摂取するだけで上がります。

食べ過ぎは万病のもと考え、糖尿病を予防するにはまず食べ過ぎをやめるようにしましょう。

—まとめ—

異常なのどの渇きや食事後の空腹感に襲われたら糖尿病を疑いましょう。

糖尿病予備軍にならないためには、まずは食生活から見直し予防に徹しましょう。

少しでも気になることがあれば、早めに医療機関に相談をすることで糖尿病リスクを回避することも可能です。

◆糖尿病予備軍で予防したいときや隠れ糖尿病と言われたり、健康診断で血糖値が高くて悩むときは、血糖値によい!と口コミ評価も高く人気のアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cだけでなくダイエットにもサポートできると評判です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由

糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいますが太りにくくなって数値も安定で体調が良い感じです。
公式サイト↓

us