食べ過ぎると太り、結果的に血糖値の上昇を招く。

これは悩ましいことですよね。

食べ過ぎれば当然太りますし、太れば血糖値が上がりやすくなります。

血糖値が上がると糖尿病のリスクも出てきますし、そのほかにも様々な病気を誘発する可能性があります。

そこで、今回は血糖値の上昇を招く状況を改善するコツをご紹介します。

ー食べ過ぎて太って血糖値があがるのをどうすればー

正直、極論を申しますと「食べ過ぎなければいい」のです。

しかし、人間にとって食べることは三大欲求の一つ。

食べることが何よりの幸せという方も多いでしょう。

なので、食べ方やちょっとしたコツを知っていただければ少しは改善されるかと思います。

人間、誰でも食後は血糖値が上がります。

甘いものを食べてないといっても、おかずやごはんにも糖は含まれます。

それに、唾液のアミラーゼという酵素はでんぷんを糖に変えます。

さらに、糖は人間の体、特に脳に必須の栄養素なのです。

ー食べ方とコツー

食事の際に気を付けることと、そのほかのコツをご紹介していきます。

1.食事はゆっくり、よく噛んで食べる。

これは小さいころから言われていますよね。

ゆっくりとよく噛んで食べることで、満腹中枢が働きやすくなり過食を防ぎます。

また、ゆっくり食べることで血糖値の急激な上昇を防ぎます。

2.少しだけ薄味で

日本食は昔から薄味で健康的だったのですが、現在の洋風の食事などは味が濃く、血糖値上昇に結び付きやすいです。

できるだけ薄味の食生活になれるようにしましょう。

最初は1か月ほど物足りないかも知れませんが、慣れることが大切です。

3.空腹の時間を12時間以上取る

1日三食たっぷり食べると、胃の中に常に食べ物が残っている状況が続きます。

おなかがすいたらすぐ食べ物を口にするのはよくありません。

胃が空になって、次に腸が空になり、その後体内に回った栄養素が各細胞へ輸送されます。

そして、ある程度体内が安定したときに新たに食事をするのが理想的なのです。

逆に言えば、1日に一度は体内の機能をリセットすることが大切なのです。

夜寝る時間を含めて、12時間以上連続して何も食べない時間を作りましょう。

ーまとめー

いかがでしょう。

上に書いた3つのコツを実践するだけで、体内が常に正常な状態を維持しやすくなります。

その結果、太りにくい体になり、血糖値の上昇も抑えられます。

あなた自身の健康のために、あなた自身が管理する必要があるのです。

◆それでも、太りやすくて血糖値が高くなりがちで糖尿病が心配な方は、血糖値を下げて痩せやすくなるアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
隠れ糖尿病、糖尿病予備軍、糖尿病の方などに人気のサプリメントが、アラプラス糖ダウンなのです。
公式サイト↓