糖尿病と動脈硬化の関係は?予防や対策

意外と知られていませんが、糖尿病は動脈硬化とも関係することが知られています。

血糖値が上昇することで、動脈硬化を引き起こしてしまうというメカニズムがあるのです。

動脈硬化は心筋梗塞など、様々な危険な病気を引き起こしてしまう可能性があります。

気づいたときにはもう遅かった、となることも多いほど突発的に症状が出てきてしまうため恐れられています。

今回は、そんな動脈硬化と糖尿病のつながりをご紹介していきます。

ー動脈硬化ー

動脈硬化といわれると、多くの人が良く耳にすることばですよね。

動脈硬化とは、血管の壁が異常に固くなり、正常な働きができなくなってしまう状態のことを言います。

これにより、血液の流れが悪くなったりそれぞれの細胞に栄養を行き届かすことができなくなったりします。

血液の流れが悪くなることにより、血栓ができたりと突発性の症状の引き金が数多くできてしまいます。

ー糖尿病と動脈硬化ー

糖尿病とは、体内の血糖値が異常に高い状態をいいます。

血糖値が上昇することによって、血管の内膜に糖が付着します。

その糖と血液中を流れるたんぱく質成分などが化学変化を起こし、活性酸素が生まれます。

活性酸素は、酸化作用で内膜を傷つけるため血管に炎症が生まれます。

その炎症を抑えようと、体内の修復機能が働き白血球とマクロファージが炎症を鎮めようとします。

このとき、マクロファージによって集められたコレステロールなどにより血管の幅が狭まります。

細い血管では血栓となり血管を完全につまらせてしまいます。

動脈硬化とはその名のとおり、動脈が硬化することですが、これにより様々な症状を引き起こしてしまうのです。

ー糖尿病による動脈硬化を予防する方法ー

まず、一番重要なのは糖尿病にならないこと、血糖値を上げすぎないことです。

血糖値を正常に保っていれば、動脈硬化の原因になることはないでしょう。

さらに、日常の生活習慣を改善し血中コレステロールも正常な状態にしておこくことが大切です。

原因が糖尿病だとしても、これが原因で動脈硬化を引き起こすまでには様々な要因が重なっています。

これらの要因一つ一つを解決していくことで、最終的に全体の予防につながるのです。

ーまとめー

動脈硬化とは、多くの人が怖い病気と考えているものです。

その動脈硬化が実は、糖尿病や高血糖が原因になることもあります。

糖尿病が恐ろしいのは、様々な合併症を起こすことですがその中でも、気づきにくく突発的に症状が出てくる動脈硬化は恐ろしいものでもあります。

日常の生活が少しでも不規則だと感じているならば、今日からでもよいので改善するように心がけましょう。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか思うようにならないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ!糖尿病予防効果の理由
普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いです。

例えば、糖尿病・動脈硬化予防・更年期障害・貧血・痛風・肝臓病・高血圧などで悩んでいる方に特に効果!と人気ですよ。
公式サイト↓
白井田七

u