糖尿病の合併症とは?予防は血糖値コントロールだけなの?

糖尿病になってしまうと様々な合併症のリスクを背負ってしまいます。

ただ単に糖尿病単体のコントロールをするだけではなく、他の合併症を発症させないようにまたは、発症してしまった合併症と付き合わなくてはなりません。

そんな怖い糖尿病の予防法は基本的には血糖値のコントロールと言われていますが、実際には血糖値のコントロールをする前に糖を分解するためのインスリンの消費量をコントロールしなくてはなりません。

糖尿病の恐ろしい合併症と、糖尿病の予防法についてご紹介していきます。

—糖尿病の合併症—

糖尿病になってしまうと、さまざまな合併症を起こしてしまいます。

また、糖尿病患者の殆どが合併症を持っているとも言われています。

合併症として怖いのが、動脈硬化による心筋梗塞や脳梗塞です。

血中糖度が上昇してしまうと、動脈硬化を起こしてしまい、その結果血管が詰まりやすくなってしまいます。

これにより心筋梗塞や脳梗塞を起こして、障害が残ったり最悪の場合死を招く可能性もあるのです。

その他にも、網膜炎なども起こす可能性があります。

糖尿病の一番怖い点は、様々な合併症を起こしてしまう点です。

健康な体の方でも、糖尿病になってしまうと全身どのような部分にどのような合併症を起こす可能性があるか分からなくなってしまうのです。

—糖尿病の予防法—

糖尿病を予防するために、血糖値をコントロールするという方法を考えると思いますが、実際には血糖値のコントロール=インスリンの消費量のコントロールが大切になってきます。

インスリンとは、体内に入ってきた糖を分解して体内で必要な部分で使えるようにするための酵素ですが、人間が一生で分泌できる量は決まっているといわれています。

つまり、過剰にインスリンを使ってしまうとその後インスリンが分泌できなくなってしまう可能性もあるのです。

インスリンの過剰な消費を抑えるには、食べ過ぎに気をつけたり薄味の食事にすることが重要です。

この、インスリンの消費をうまくコントロールできる食生活を続ければ、糖尿病のリスクを軽減することも可能と考えられています。

—まとめ—

糖尿病で一番怖いのは合併症です。

糖尿病になると、様々な合併症を起こすリスクが高まってしまいます。

また、その糖尿病を予防するにはインスリンの消費量の調節が重要で、血糖値のコントロールをするためには、まず食生活を見直すところから始めましょう。

◆食生活だけではうまくいかないとき、糖尿病予備軍で予防したいときや隠れ糖尿病と言われたり、健康診断で血糖値が高くて悩むときは、血糖値コントロール!と口コミ評価も高く人気のアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cだけでなくダイエットの助けにもなると評判です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由

糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいますが太りにくくなって数値も安定で体調が良い気がしますよ。
公式サイト↓

u