糖尿病腎症の原因と予防や対策

高血糖で引き起こされる糖尿病腎症。

体にとって重要な腎臓が働きにくくなったり、働かなくなったりしてしまう大変な病気です。

糖尿病患者にも多く、腎臓が機能しなくなったことで人工透析を余儀なくされた方々も多くいます。

腎臓は、体の維持としてかなり重要な部分で、毒素を取り除いたりしています。

そんな腎臓について知り、糖尿病腎症の恐ろしさを知っていただけるようにご紹介していきます。

ー腎臓の働きー

私たちは普段食事をして栄養分を摂取していますが、それぞれの食物にわずかながら毒素が含まれています。

少量では問題ありませんが、多く食べ続けていると体に影響を与えてしまうためそれを取り除く必要があります。

また、毒素のない栄養分でも体内に入り栄養として吸収される際、分解の過程で毒素が生まれることが多くあります。

その毒素がアンモニアです。

アンモニアは人体にとっては有害で、アンモニアのままの状態で体内に含んでいると体に悪影響を及ぼす可能性があります。

そのため、腎臓ではアンモニアを尿素に変え、さらに尿として体外へ排出します。

腎臓の役割は、体内にあるものから毒素を取り出すということです。

さらには、アルコールなども体内にとって毒素であるため、腎臓が働きます。

ー糖尿病腎症ー

腎臓の重要性がわかっていただけたと思いますが、その腎臓の機能が高血糖によって働かなくなるのがこの病気です。

腎臓が働かなくなってしまうと、血液中の毒素が増え体中に回ってしまいます。

さらに進行すれば生命にかかわってくるほど重要なことなのです。

そのため、腎臓が機能しなくなった患者さんは定期的に人工透析を行う必要があるのです。

体内の毒素を分解し体外へ排出できなくなるというとても危険な状態を招いてしまう、糖尿病腎症は多くの人を悩ませています。

ー糖尿病腎症はどうやって防げばいいのかー

糖尿病腎症は基本的に高血糖が原因であるため、血糖値を正常に維持することが重要です。

たんぱく質、糖質の摂りすぎ、アルコールの摂りすぎによって腎臓が機能しなくなってしまうのを防げばよいのです。

また、定期的な検診を行い体内の血糖値測定はもちろん腎臓などの状態を検査することで、予防もしくは軽度の症状の時点で発見できます。

症状が軽いうちは、食生活改善などで糖尿病腎症の改善がみられる可能性があります。

ーまとめー

糖尿病腎症になることで、人体にとって重要な毒素を排出する機能が失われます。

その機能が失われてしまえば、生命にかかわるため人工透析をする必要ができます。

人工透析を必要とするようになれば、定期的に病院に行くという時間が必要になり、大変な生活になる可能性が大きいです。

それを防ぐためには、日常の生活習慣はもちろん規則正しい生活を送ることが大切なのです。

◆合併症前の薬なしで食事や運動療法での糖尿病治療中だったり、糖尿病予備軍で予防したいときや隠れ糖尿病と言われたり、健康診断で血糖値が高くて悩むときは、血糖値が下がる!と口コミ評価も高く人気のアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cが改善されるだけでなくダイエットにも効果!と評判です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいます。
公式サイト↓

u