糖尿病と高血圧の関係は?予防や対策

糖尿病は多くの人に知られている病気ですが、恐れられる原因として合併症を引き起こすということが挙げられます。

糖尿病によって、様々な合併症をおこし結果的に通院生活を余儀なくされたりと大変な日常を送っている方々がいらっしゃいます。

糖尿病は誰にでもなる可能性があり、いつなってもおかしくないのです。

そんな糖尿病と実は高血圧が重要なかかわりを持っています。

糖尿病患者は高血圧の率が高く、糖尿病で高血圧だと合併症を引き起こしやすくなります。

これらのことを踏まえ、糖尿病と高血圧の関係をご紹介していきます。

ー糖尿病と高血圧ー

糖尿病は血糖値が異常に高い状態にあります。

そのため、血管には負担がかかっており様々な要因で血圧の上昇が引き起こされます。

少し難しい話ですが、生体内には浸透圧というものが存在します。

低濃度の部分から高濃度の部分に水分が移動することを言い、これが原因で血液中の水分量が増加します。

血糖値が上昇することで、血液が高濃度になっていきます。

この高濃度状態を緩和しようと低濃度の水分が血液に入り込んでいきます。

血液中に水分が多く入り込むことによって、血圧が上昇するのは水風船に水を入れている状態と同じなので想像つくかと思います。

主な原因としてはこの原因が多く、血圧の上昇を引き起こしてしまいます。

また、糖尿病は動脈硬化との関係もあり血管が硬化することで伸縮性を失い、それに伴い血圧が上昇していくのです。

鉄製の容器に水を圧縮して詰め込んだ場合の容器にかかる負担と、伸縮性のあるシリコン容器に同じ量を入れた場合だと、伸縮性のある方が容器への圧力は減ります。

伸びた分だけ内側にスペースができ圧力が下がるためです。

このように考えていただければわかる通り、伸縮性が失われると血管に大きな負担をかけてしまうのです。

ー糖尿病と高血圧での合併症リスクー

糖尿病と高血圧が同時にあると、合併症のリスクが増加します。

特に、先ほど出した動脈硬化は血圧の上昇と血糖値と深く関係しており、合併症として発症するリスクが高くなります。

その他にも、様々な合併症リスクを挙げてしまう恐ろしい状態なのです。

ー予防するには?ー

まずは根本原因である糖尿病にならないようにすることです。

血糖値を高くしすぎてしまうと、良いことはありませんので食生活を気を付けたり生活習慣を見直したりしましょう。

また、肥満気味の方は血糖値上昇から高血圧になり合併症を引き起こすリスクが通常の人より高くなりますので、脂肪をためすぎないようにしましょう。

基本的には、生活習慣の改善という処置が一番の予防法になります。

ーまとめー

糖尿病と高血圧は実は密接な関係があり、これらが合わさることで合併症のリスクを上げてしまいます。

合併症のリスクをできる限り下げたい場合は、とにかく高血圧状態にならないように気を付けることが大切です。

病品の先生としっかりと相談をしたうえで解決法を探るのが良いでしょう。

一方まだ悩まされてない方は、今のうちに予防をしっかりと行っておきましょう。

◆食事や生活習慣を改善しても、なかなか思うようにならないときは、白井田七(しらいでんしち)を飲むといいです。

普通の高麗人参の7倍のサポニンのパワーで血液をサラサラにして生活習慣病も改善!と口コミ評価も高いです。
白井田七(しらいでんしち)の口コミ!糖尿病予防効果の理由
例えば、糖尿病・高血圧・動脈硬化・更年期障害・貧血・痛風・肝臓病・高血圧などで悩んでいる方に特に効果!と人気ですよ。
公式サイト↓
白井田七

u