コーラの飲み過ぎで糖尿病になるの?予防法は?

コーラは「炭酸水はコーラ」と言っても過言ではないくらいに子供から大人に愛されている飲み物ですね。

あのシュワシュワとした感触は何度飲んでも飽きず癖になってしまう飲み物だと思います。

ですがそんなコーラですが飲み過ぎてしまうと病気になってしまう可能性があります。

その中でも有名なのが「糖尿病」です。

コーラで糖尿病になるのかと疑問に思われる方がいると思いますがそんな方のためにコーラを飲み過ぎてしまうとどうなるのか調べてみました。

『コーラの成分と糖尿病の原因』

まずコーラの成分ですが、カフェイン、酸味料、カラメル色素、香料、そして一番多いのが糖類です。

糖類の中には砂糖、果糖ブドウ糖液糖が入っています。

コーラで取り過ぎてしまう成分がカラメル色素と砂糖です。

350mlのコーラに砂糖が35gも入っています。

数字だけ聞くと大した量に思えないと思いますが、35gとは実に角砂糖10個分の量になります。

人間の1日の砂糖摂取量はだいたい20gと言われていますが、350mlのコーラを飲んでしまったらそれだけで15gの摂取量を超えてしまいます。

そして問題の糖尿病は糖分を過剰摂取しているとなりやすい病気として言われていますよね。

そして糖尿病には、1型、2型、妊娠糖尿病とありますが、その中でも2型糖尿病と診断される方が多いのです。

この2型糖尿病は主に食事や運動といった生活習慣の乱れが原因でなってしまう糖尿病なのでコーラの飲み過ぎで糖尿病と言われる方はこの㈼型糖尿病と診断されると思います。

そしてコーラに多く含まれている糖分は体の血糖値を上昇させてしまいます。

なのでコーラを飲み過ぎてしまうと過剰に糖分を摂取してしまうので糖尿病になる原因になっています。

糖尿病は主に食べ物や飲み物が原因の環境因子と家族に糖尿病がいる遺伝子因子があります。

なのでコーラの飲み過ぎは環境因子によって糖尿病になってしまいます。

では予防法はないのか調べてみました。

『予防法』

コーラの飲み過ぎでの糖尿病のついての予防法ははっきり言って飲み過ぎないこととしか言えません。

でもどのくらいが飲み過ぎなのかわからない方もいると思いますし、やっぱりコーラは大好きだから毎日飲みたいという方はとにかく普段の食生活を正すことを心がけてください。

あくまでも糖尿病はいろいろな要因も重なり発症すると言われています。

なのでバランスの取れた食事と規則正しい生活を心がけ、毎日適度な運動をするようにしてください。

正しい食生活や生活習慣を過ごすことで糖尿病になることを避けることができると思います。

なのでコーラの飲み過ぎには注意して生活してください。

◆飲みすぎないようにしてるけど、他の甘いものも食べ過ぎてしまいがち、家系に糖尿病もいるし、もっと積極的に予防したいと思ったら糖尿病予防サプリのアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cが改善されるだけでなくダイエットにも効果!と口コミでも評価が高く評判だからです。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいますが数値も安定で太りにくくなって体調が良いです。

公式サイト↓

u