糖尿病性網膜症の原因と予防や対策

糖尿病によって引き起こされる目の症状として、糖尿病性網膜症が挙げられます。

糖尿病性網膜症は、一度なってしまうと治すのが非常に難しいか治らない可能性が高く予防をすることが重要だといわれています。

日本人の多くの人が悩まされている糖尿病は、世界的に見ても先進国で多い傾向があります。

そんな糖尿病によって引き起こされる、糖尿病性網膜症についてご紹介していきます。

ー糖尿病性網膜症ー

糖尿病性網膜症とは、糖尿病によって引き起こされる症状で、目が見えにくくなったり最悪失明したりします。

眼球の裏には多くの血管が張り巡らされていますが、その血管内のと血糖値が上昇することによって血管がもろくなったり、コブができ流れが悪くなったりします。

目にとって血液が運んでくる栄養や、酸素は必要不可欠なためそれらの供給量が減ると大きな負担がかかります。

これによって、視力の低下や失明を伴ってしまうのです。

ー糖尿病だとなるのかー

糖尿病であるからなるというよりも、血糖値が高い状態が続くと引き起こされてしまう可能性が高くなります。

ですので、身体が糖尿病でない場合も影響が出る可能性があるのです。

ー糖尿病性網膜症を予防するにはー

糖尿病性網膜症は予防に徹するのが一番とされています。

理由は、一度発症すると治りにくかったり、治らないことが多いためです。

基本的な予防法としては、まずは血糖値を挙げないことです。

通常の糖尿病の原因とほとんど同じであるため、血糖値が大きくかかわってきます。

日頃の食生活を見直し栄養バランスをしっかりと整えることが重要です。

特に、血液をサラサラにする成分が含まれたネギ類や、血液生成にかかわる鉄分などの摂取も心がけましょう。

ー糖尿病性網膜症になったらー

糖尿病性網膜症は初期症状の時点で発見されれば改善が見込まれます。

ですので、少しでも気になることがあれば病院へ一度行ってみることをお勧めします。

早期発見が早期治療に結び付くのです。

ーまとめー

糖尿病性網膜症は、糖尿病と同じような原因で発症します。

つまり、糖尿病の一種として考えてもいいほどのものなのです。

血糖値が高い人は、多くの病気のリスクを抱えてしまうことになるので、日常の食生活をしっかりと考え直してみることが大切です。

もし、少しでも気になることが起きた場合はすぐに病院に行ってみてもらいましょう。

早期発見が治療効果があるか、ないかにつながってきます。

◆糖尿病予備軍で予防したいときや隠れ糖尿病と言われたり、健康診断で血糖値が高くて悩むときは、血糖値が下がる!と口コミ評価も高く人気のアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cが改善されるだけでなくダイエットにも効果!と評判です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいますよ。

公式サイト↓

u