糖尿病と太り過ぎの関係は?予防と対策

様々な病気の合併症リスクがある糖尿病。

誰でも聞いたことがあるこの病気は、一度なってしまうと現在の医療では完治は難しいといわれています。

糖尿病とは体内の血糖値が以上に上昇している状態のこと指しますが、よく言われるように太った人に多いのも事実です。

肥満が様々な病気のリスクを持っている中で、糖尿病は恐ろしい病気の一つです。

そこで、糖尿病についてと太りすぎとの関係をご紹介していきます。

ー糖尿病とはー

通常人間の体内では糖を分解するするためのインスリンというものを持っています。

インスリンが糖を体の栄養分として使えるように分解するのですが、そのインスリンは人それぞれ持っている量が決まっているといわれています。

一生涯で使えるインスリンの量が決まっているということは、過剰なインスリンの消費をするとインスリンが切れてしまう可能性があるということです。

そして、インスリンが働かなくなってくることで血糖値が常に上昇した状態になり、様々な病気の原因になります。

その大きな一つが、糖尿病です。

しかも、他の病気を発症した場合でもほとんどの場合糖尿病が関連していることが多いのです。

ー糖尿病と肥満ー

糖尿病の原因として多くの人が勘違いしているのが、砂糖が入って甘いものを食べ過ぎるとなるということです。

実際には、甘いものでなくとも普通の食事でも体内で糖が作り出されるので血糖値が上昇します。

一番よく知られているのが、口の中にある唾液アミラーゼという分解酵素はお米などに含まれるデンプンを糖に変えます。

つまり、甘いものばかり食べているのではなくても、普通の食事をとりすぎている人にも糖尿病のリスクは十分にあるのです。

それが肥満の人とのつながりなのです。

太っている人の特徴は、多くが不規則な食生活と食べる量の多さです。

一日に何度も間食を食べたり、一日の食べる量が必要以上だとそれだけ体内で多くの糖が合成されます。

その糖を分解するためにインスリンが使われ、インスリン不足になっていくのです。

結果的に血糖値が上昇し、糖尿病などの病気へとつながっていくのです。

ーまとめー

肥満であっても健康な人がいるという人もいますが、内臓脂肪や体脂肪率が高い肥満の場合は普通の人に比べ不健康といえます。

お相撲さんのように内臓脂肪が低く筋肉がしっかりとついている人は、体の管理がしっかり行えているので問題ありません。

肥満と糖尿病は強くつながっており、太り気味の人は糖尿病になる可能性が高いのです。

糖尿病のリスクを減らすためにも、日常の食生活や運動を見直してみるとよいでしょう。

◆糖尿病予備軍で予防したいときや隠れ糖尿病と言われたり、健康診断で血糖値が高くて悩むときは、血糖値が下がる!と口コミ評価も高く人気のアラプラス糖ダウンを飲んでみてください。

ALA「5-Amino Levulinic Acid (5-アミノレブリン酸)」を含むサプリメントで、糖をエネルギーに変えてくれるので血糖値やhmbA1cが改善されるだけでなくダイエットにも効果!と評判です。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
糖尿病予備軍の私も予防とダイエットのために、アラプラス糖ダウンを飲んでいますよ。
公式サイト↓

u