糖尿病予防のための自覚症状と対策

糖尿病は、生活習慣病の1つで、1度かかると完治は難しいと言われている病気です。

日本人の4〜5人に1人は糖尿病にかかっているとも言われており、自分の周りにも糖尿病の人がいるという方も多いのではないでしょうか。

私の周りにも以前お世話になっていた職場の上司達は糖尿病の方が多く、糖尿病についての話題が日常会話になっていました。

周りに同じ人が大勢いると思うと安心しがちですが、完治は難しく、また合併症もあるので、安易に考えてはいけません。

糖尿病にかかる前に、発症する前に何か自覚症状があるといいと思い調べてみました。

しかし、糖尿病の症状と言われる・トイレが近くなる・喉が渇く・ダイエットをしていないのに自然に痩せる等の症状が現れた頃には、糖尿病が進行している場合が多く、極初期の段階での自覚症状というものは、ないようです。

では、どうしたら良いのか?健康診断や人間ドックを受けて自分の血糖値を把握しておくことが予防に大切だと言えます。

健康診断とは異なりますが、私は定期的に献血をしています。

献血をすると、自分の血液の結果が郵送してもらえます。

その項目の1つに糖尿病の検査の1つもあるので参考になります。

もちろん献血を健康診断の代わりにしているわけではありませんが、誰かの助けをして、そして自分の今の状態も知ることができるので、ありがたいと思っています。

話を戻しますね。

糖尿病の予防には、健康診断等で自分の数値を知ることが大切ですし、日常の食生活や運動を取り入れることも大切です。

これらを心掛けるだけでも、予防策になると思いますが、糖尿病は遺伝的要素もありますし、現代の日本人の食事は欧米化しており、気を付けるようにしても避けられない部分もあると思います。

そこで、『アラプラス糖ダウン』を取り入れてみてはいかがでしょうか。
アラプラス糖ダウンの口コミ!隠れ糖尿病も解消効果の理由
アラプラス糖ダウンは、糖尿病予防のサプリメントで、世界初のアミノ酸ALAという5-アミノレブリン酸リン酸塩が配合されており、糖を体内でエネルギーに変えてくれる働きをします。

アラプラス糖ダウンを服用することで、空腹時の血糖値や食後の高血糖を改善していきます。

糖尿病が発症したら、医師の処方による薬での血糖値コントロールとなることが多いですが、そうなる前にアラプラス糖ダウンで糖尿病予防始めませんか。
公式サイト↓